年齢を重ねるほど問題も大きくなる

年齢を重ねるほど体臭の問題も大きくなってくる。自分の身体のことなので無視できない問題でもあるし、周りに対するエチケットとしても十分に気をつかわなければならない。デオドラントスプレーや消臭剤など世の中にはさまざまな臭いを消す道具がある。だがそれだけで本当にいいのだろうか、と私はよく思う。

夏、汗をかいた体からムワァっと臭いが立ち上る。我ながら男くさいなあ、と思う。なにより家内がうるさい。洗濯するのが大変だろう。いちばん迷惑をかけてしまっているのは、いつも自分の周囲にいてくれる人なのだ。そこでわたしは最近ある取組をしている。それは、体の内側から臭いを消すことだ。キーワードは、食事と運動。

実はわたしはさっき書いたようなデオドラントや香水は体質がうけつけず、自分の身体に塗布するタイプの消臭剤はどれも使えない。そこで自分にできることを考えた、というわけだ。わたしはそれまで油の多い食事をしていたが、菜食を増やし、さらに味付けのうすい和食を頻繁に食べるようになった。食物繊維の多いものをよくとるようにし、ビールもすこし控えた。

運動を変えたところは、それまでジョギングや体操中心だったのだが、プールに通いだした。その甲斐あって、臭い自体がかなり変わった。といっても自分では感じにくいのだが、家内がまっさきに教えてくれた。わたしの努力は無駄ではなかったのだ。体臭の悩みを抱えている方は、これからは香水やデオドラントにすべて頼るだけでなく、自身から発せられる臭いを抑える努力をしてみてはどうだろうか。

ワキガ 治す